ホーム > 情報 > 借金で督促状が届いたらどうするか

借金で督促状が届いたらどうするか

そもそも、ある人が破産を申し立てるまでは債務者当事者への電話を使用しての借金取り立てと借金のある家への直接訪問によった取り立ては無法にはならないと考えられています。

 

破産申請の書類手続きに進んでから申請までに長い時間があった際には債権人は無理な回収をやってくる割合が増加します。

 

債権保有人側としては債権の返金もすることなくそれでいて破産などの司法上の処理もされないという状態だと団体内部での対処を実行することができなくなります。

 

そして、過激派は法律家につながっていないと知るとかなりきつい回収行為をやってくる債権者も存在しています。

 

司法書士事務所または弁護士の方に助力を求めた際には、それぞれの債権保有者は債務者に関しての直接徴集をすることができなくなるのです。

 

相談を受け取った司法書士の担当者もしくは弁護士法人は事件を担当すると書かれた郵便をそれぞれの債権者に送付することになりそれぞれの債権者がその通達を開封した時点で債権者による強引な返済要求から解放されることとなります。

 

さらに、企業が実家へ訪れての返済請求は貸金業法規制法の規程で禁止事項になっています。

 

貸金業であって登録が確認できる会社ならば仕事場や実家へ訪れての取り立てが貸金業法規制法に抵触しているのを把握しているので言ってしまえば、そのような収金を続けることはないと言えます。

 

自己破産に関する手続きの後は、申請者に向かった徴集を含め、あらゆる取り立ては許されなくなりますので取り立て行為がすべて消えてなくなるわけです。

 

とはいえ、ときには知りながら訪問してくる取り立て屋もゼロとは断言できません。

 

事業として登録してある企業であれば自己破産に関する申請の後の集金が法律の規程に抵触しているのを分かっているので、その旨を伝達してしまえば、違法な徴集をやり続けることはないと考えられます。

 

けれどブラック金融と言われている会社についてはこの限りとはならず過激な返済請求による被害者が増え続けているのが今現在の状況です。

 

闇金融が取立人の中にいそうな場合はどういう事情があれ弁護士事務所それか司法書士の方などの専門者に相談するようにするのがいいといえます。


関連記事

  1. 乾燥肌の一つとして脂性乾燥肌があります

    お肌の肌タイプというのはいくつかの種類に分ける事ができます。 その一つに乾燥肌が...

  2. 借金で督促状が届いたらどうするか

    そもそも、ある人が破産を申し立てるまでは債務者当事者への電話を使用しての借金取り...

  3. テスト

    テスト記事です。...